直輸入ワインと自然食品の店 ばんどう酒店

OUR ITEMS

ばんどう酒店のおすすめ商品

大地は未来の子どもたちから預かっているもの

大地は未来の子どもたちから預かっているもの


昨年のフランス訪問時に、一番印象に残ったのが、このクロ・バガテルでした。
image 48-1.jpg
新たな畑  
白ワインの需要が増えてきたので、新たな畑を探していて、ようやく”ココだ!”という
畑を見つけたからと案内してくれました。
image 48-2.jpg
山の中の何年も手つかずのブドウ畑。草花が生い茂る中、斜面にポツンと現れました。
その下には水脈があるそうです。”あんな場所にどうやって作業をしに行くの?” 
と思ってしまうような秘境でしたが、その環境こそを探し求めていたそうです。
ブドウの樹を植えて、ワインができるまで5年ほど先ですが、とても楽しみです。
また、農薬でミツバチがいなくなったという話はよく聞きますが、
フランスもその例外でなく、ミツバチの減少は深刻だそうです。
そこで、ミツバチの繁殖のために畑に巣箱を置くとのことでした。

伝統と革新 
蔵には18世紀から使っている大きな樽、
image 48-3.jpg
両親が使っていたコンクリートタンク、
そしてリュック(兄)とクリスティーヌ(妹)の代になって導入したステンレスタンク。
伝統を受け継ぎながら、新しいスタイルも取り入れていく。
祖父の時代の自然の摂理を重んじた生き方、
70年代という量産か、品質かという過渡期に生きた父。

これから目指すもの 
そして今、先代の努力が実を結び、ラングドック地方のイメージが向上しはじめました。
先代より優れたワインを造りたいという闘志を持ち、自分たちのテロワール(風土)
の素晴らしさを確信して、ワイン造りに励んでいます。
先祖の知恵の上に立ち、技術的知恵に支えられ、目標に向かって進む。
目標は大地をより元の健全な状態へと戻し、汚染しないでブドウを栽培していくこと。
それは20年前から取り組んでいます。
なぜなら、”大地は、自分たちの所有物ではなく、
未来の子どもたちからの預かりものだから。”
image 48-4.jpg
彼らの言葉通り、ワインはより洗練した味わいになってきていますし、
何度訪問しても感動があります。
ぜひ、今月は、クロバカテルのワインをお楽しみください。
リーズナブルなものから、本格的なものまで、バラエティー豊かなラインナップも魅力です。

ワインのご紹介です。こちらのpdfを開いてみてくださいね。
ファイル 48-5.pdf

 NEWER REPORT OLDER REPORT